小田原の木づかい ゙参加型゙家づくり

おしうみ建築だからできることそれは…゙参加型゙家づくり
おしうみ建築では、 家づくりの要となる木を、 お客さま自身に見て、 感じて、 選んでいただいています。
小田原の森、木そして職人たちを紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

〇 小田原の木づかい

1 小田原の森はこんな森
小田原市は面積の約4割を森林が占める、緑ゆたかな街です。
樹種はヒノキとスギが全体の6割ほど。小田原城天守最上階の摩利支天像安置空間に使われた直径 45 ㎝の将軍柱や、 報徳二宮神社の正面鳥居に使われているのは、 ともに樹齢約300年のスギです。はるか昔から、 小田原の街を見守ってきた森で育った木です。

 木が1本無料!?
この森の木を、 おしうみ建築から新築のご契約者に 1 本無料でプレゼント !家を支える大黒柱や無垢(※)のカウンター、塀まで余すことなく、 お選びいただいた木を内・外装に活かせます (標準サービスオプションあり)。
※無垢とは、丸太から切りだして乾燥させた木材のこと。経年により、色やツヤが変化していく過程を楽しめる。調湿効果があり、 自然の木の香りが特徴。
大黒柱と押入の壁板、無垢のカウンターは、標準サービス品ですですが、無垢のテーブル、壁・天井羽目板、木製フェンス、フローリングはオプションとなります。

3 選木体験で家づくりに参加
お客さまには実際に山へ足を運び、 森の空気を感じていただく ことができます。小田原の森を体感したあとは、選木体験へ。地元の工務店・材木店・林業家から成る家づくりグループ「かながわフォレスト倶楽部」 の協力を得て、木のプロにレクチャーを受けながら、「わたしの1本」に出会えます。

 

 

 

 

 

 

 

4 名人の技を目の前で
その後、選んだ木をどのように使うかお客さまと一緒に「木取り」を決め、いよいよ製材です。木取りと製材は、2014年に(公社)国土緑化推進機構によって「森の名手・名人」に選ばれた大山謙司さんが営む大山製材所が行います。木と向き合って40年以上の大山名人の仕事を、 間近出見られるのは貴重です。
こうした一連の流れを体験できる゙参加型゙家づくりは、地域の職人たちと連携が深いおしうみ建築ならではです。

 

〇 木をかこむ職人たち
おしうみ建築の家づくりの楽しみのひとつが、普段なかなか会うことができない匠の話を直に聞けること。小田原の森に携わる人をつなぎ、技術と伝統を大切に継承する材木店、製材工、木工業者がいます。

 

 

2020年9月14日